薄毛を隠す方法と薄毛の解決策について

薄毛を隠す方法と薄毛の解決策について

 

薄毛に悩む人はとても多くその割合は年々増え続けています。
今回は薄毛を隠す方法、根本的に薄毛を治すことで隠す必要をなくしていく
方法を解説していきます。

 

薄毛を隠す方法

usugeonnna
薄毛の方は外に出るだけでも人の目が気になってしまう事が
あるのではないでしょうか?

 

そんな私も20代のころから薄毛がひどくずっと悩まされてきていました。
まだ若いうちから薄毛が進行してしまったのでとても恥ずかしく特に
女性の前では自分に自信がもてませんでした。

 

そんな私がまず行ったのが美容師に相談をしてヘアスタイルを変えるという事でした。

 

薄毛を隠す方法その1髪型を変える

 

髪型を変えて髪にボリュームがあるように見せたり前髪や頭頂部を目立たなくする事で
ある程度薄毛をごまかす事は可能です。

 

 

特にヘアアレンジが上手な女性でしたらちょっとスタイリングに気をかけるだけで
それほど薄毛と気づかれることもないでしょう。

 

ここでのポイントはスタイリング剤をボリューム感が出るタイプのスプレーやワックスを
選ぶという事です。
それにより髪全体を多く見せることができるので薄毛を隠す効果があります。

 

また、スタイリング剤によっては粉が多くでてしまうタイプのものが
ありますので注意が必要です。

 

いくらうまく隠せたつもりでも粉だらけになってしまっては
バレバレですからね。

 

粉が出ない薄毛を隠せるワックスやスプレーに関しては
後述でまとめています。

 

 

次に男性の場合はショートヘアにしてしまったりもしくは勇気があれば
坊主やスキンヘッドにしてしまうという手もあります。

 

中途半端な薄毛よりも頭の形が良い人でしたら坊主の方が
良かったりもします。

 

またはパーマをかけてボリューム感をだしたり
カットのうまい美容師さんならぎりぎりのところまで薄毛を隠してくれますので
まずは自分の担当の美容師さんに相談するのが良いでしょう。

 

 

薄毛を隠す方法2カツラを使用する

kaminokeususi
かつらをかぶるというのも薄毛を隠すうえで選択肢の一つとはいえますが
あまり得策とはいえません。

 

特に雑なかつらというのは素人が見ても一発でわかります。

 

帽子をかぶるという手もあるのですがそもそも帽子は髪の毛や頭皮にも
よくありませんし根本的に薄毛を隠せるわけではないのでやめましょう。

 

 

薄毛を隠す方法だけ実践しても根本的な解決にはならない

 

 

薄毛は隠すのではなくケアをする事で改善する努力が大切です。

 

薄毛は確かに隠したいですが隠し続けることが不可能ですし
早い段階から対策をとれば薄毛は改善することが可能です。

 

それでは薄毛の改善方法についてまとめていきます。

 

 

薄毛を隠すのではなく治す。育毛剤や育毛スプレーについて

 

育毛剤の選び方について

 

年齢を重ねるなどして、髪の毛が薄くなってきたという人は、育毛剤を使用しようと考えたことがあるかと思います。

 

育毛剤というと、ほとんどのものが頭皮に直接塗るタイプのものであるのですが、育毛剤のタイプや配合される成分など様々な種類のものが販売されています。

 

なので、数ある育毛剤の中からどのようなものを選んでいくのかというのは迷ってしまうのですが、育毛剤の選び方について見ていきたいと思います。

 

育毛剤のタイプによって選ぶ

 

一口に育毛剤といっても、そのタイプは様々です。
育毛剤は大まかに分けると、頭皮の血流を改善して育毛を促すもの、毛根や頭皮の細胞に栄養を与えて
育毛を促すもの、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑えるものとに分けられます。

 

ほとんどの育毛剤は、これらのうちのどれかに属しているので、どういう育毛効果を得たいのかによって選ぶ育毛剤は変わってきます。

 

複数のタイプが一緒になった育毛剤も販売されているので、そうした育毛剤を使用するのもいいのですが、
まずは、薄毛の原因となるのは何なのかを知ってから育毛剤を選ぶようにするといいようです。

 

 

育毛剤に含まれている成分から育毛剤を選ぶ

 

育毛剤には、育毛に重要な効果を発揮する育毛成分が多く含まれているのですが、
この成分についても、育毛剤によって配合されているものが異なっています。

 

代表的なものを上げると、抜け毛の原因を作り出す男性ホルモンである5aリダクターゼの働きを阻害させる効果のあるノコギリヤシ、
新しい頭髪を作り出す毛母細胞を活性化させるセンブリエキス、頭皮環境の悪化を招く頭皮の炎症などを抑えるグリチルリチン酸などが、
薄毛対策、育毛に効果のある成分です。

 

なので、頭皮の炎症などがよく起きると感じる人は、グリチルリチル酸が配合された育毛剤を使用したほうがいいですし、頭髪を多く増やしたいと考える人は、
センブリエキスが多く配合された育毛剤を選んでいくようにしたほうがいいといえます。

 

 

こうした成分の他にはミノキシジル、オウゴンエキス、アミノ酸、フィナステリド、エストラジオールなどの成分が薄毛対策、育毛に
大きな効果を発揮してくれるので、育毛剤を選ぶ際には、成分をよく見ていくようにしましょう。

 

育毛剤のタイプによっても配合されている成分は異なるので、育毛剤のタイプを合わせて見ていくのもお勧めです。

 

育毛剤は体にいいものを選ぼう

 

育毛剤というと、添加物などを多く使って作られたもので、体に大きな負担を与えるものというイメージを持っている人もいるかと思います。

 

しかし、最近では、無添加の育毛剤が多く販売されていて体に優しいものが多く、育毛剤を選ぶ際には、こうした体に優しい無添加のものを選んでいくことをお勧めします。

 

大手メーカーの販売する育毛剤は、ほとんどのものが無添加となっているので、安心して使用できるものが多いのですが、
あまり聞きなれない育毛剤などの場合は、無添加ではないものもあるので、要注意です。

 

育毛剤によく配合されている添加物としては、パラベン、石油系の界面活性剤、香料、着色料、オクトチルアゾンなどの
紫外線吸収剤などがあり、こうした添加物が配合されている育毛剤は、無添加の育毛剤に比べると体に負担がかかることを覚えておきましょう。

 

私の育毛、植毛経験

 

私は、現在36歳の男性なのですが、薄毛に悩み出したのは、22歳くらいの頃ですかね。22歳の若者にとって、女の子と遊んだりしたいのに、薄毛に悩むのは本当に辛かったです。その時は、おでこが広くなってきて、所謂、M字っていうやつなんですが、まあ、前髪を長くして、下ろしていれば、まあ、なんとか隠せるくらいだったんですよ。でも、まあ悩んでいたんで、某カツラメーカーに行き、育毛コースを5、6年くらい続けて、自宅でもヘアケア商品を使い続けていました。結局、あまり意味がなく薄毛はどんどん進行して行ったんですけど。まあ、ここまでだと、ただの悪口になってしまうんでね、この5、6年の間に学んだ事を書かせて頂きたいと思います。基本的な事は、「規則正しく寝る(午後10時から午前2時の間が、一番髪が育つようなので、その時間帯は、眠っておく)」「規則正しい食生活をする」「ストレスを溜めないように運動をする」あとはまあ、「育毛剤や頭皮マッサージ」だったり。ですが、社会で働いてられる方々、仕事が、忙しかったり、勤務時間が、不規則だったりでなかなか、これ全部出来る方、少ないと思われます。私は、結局、薄毛が進行してしまい、30歳の頃にはM字が、隠せなくなってきてしまい、植毛をする事にしました。薄毛になると人と会うのも嫌になられる方、特に若い方なんか沢山いらっしゃると思います。私もそうでした。当時、行った植毛というのが、自分の後頭部の皮膚を切り取って、そこから、元気な髪毛を持ってきて、M字の部分に植え着けるという方法で植毛してもらいました。100万円くらいはかかりましたかね。でも、自毛ですので、その後も普通に成長していきますし、後頭部の皮膚を切り取ったとこも、横に細長い傷口みたいな感じにはなりましたけど、2cmくらい髪の毛があれば、傷口はばれません。現在、あれから、6年程経ち、まあ、M字という感じではありませんが、少し、植毛した当初より、髪の毛が、細くなってきています。やはり同じとこが、薄くなっていくもんなんですね。私の父親も30歳の頃には薄毛で悩んでいたようですし、結局は遺伝かなと、私は思います。ただ、この薄毛に悩む若い人達が、多くなってきて、育毛剤やシャンプー等もどんどん良い物が、開発されてきていますし、今後に期待ですね。私が、一番良いんじゃないかと思うのが、まだ使った事ありませんが、AGA治療薬のプロペシア。クリニックにより、料金は様々なようですが、一度試してみたいですね。

 

このサイトを作成するにあたり、ご協力いただいた薄毛対策の専門サイト様にはこの場をかりて御礼申し上げます。

 

 

いかがでしたでしょうか?
薄毛は隠すことも大切ですがそれ以上に改善することで薄毛と向き合っていけば結果
よい未来が待っています。

 

 

 

更新履歴